睡眠の質と便秘には関係がある?

便秘体質に悩む、30代後半の女性です。ずっと若い頃から2・3日出ないのはほぼ当たり前、という状況に慣れてしまっていました。お腹にガスがたまって膨張感に気持ち悪くなったり、あるいは便秘による腹痛で勉強や仕事に集中できない、ということがたびたびあり、困っていました。

ある時気が付いたのですが、私の便秘はどうも睡眠と因果関係があるようなのです。私はやや不眠症気味で、夜はなかなか寝付けないことが多いのですが、たまにぐっすり眠れた翌朝はなぜかするりとお通じもあった!ということがよくあります。

ですが、休日など寝過ごしてしまって、むしろぐったりした状態で起きた…という場合は、お通じもはかばかしくありません。この傾向に気が付いてから、「睡眠の質がいいとお通じにも好影響がある」と確信しました。

そこで最近は、できるだけ早寝早起きを心がけています。日中はできるだけ陽光を浴びてしっかりと水分を補給し、夜はTVやPC画面を見ないようにして、読書などだけして10時には就寝してしまいます。少しずつお腹の調子も改善され、よりよいお通じ環境になりつつあるようです。これからも意識して、続けてみようと思う習慣です。おすすめ乳酸菌サプリ