激務が便秘解消のヒントになった

大事なときに限って便秘になりやすい私の体質が、最近は改善傾向にあります。日付が変わるぐらいまでの残業が続いていたときに、なぜか便秘で悩んでいない事実に気がつきました。

当時の生活スタイルを振り返ってみたことがあり、一つの結論が出ました。食事の時間を決めて生活することです。残業する場合には、夕方に30分だけ休憩を取る規則が私の職場にはあります。その間に夕飯を済ませてから仕事にとりかかる日々を過ごした結果として、便秘に悩まされることがなかったというわけです。

仕事が閑散期に入ると、私の食生活はひどく乱れます。空腹になったときが食事時間になるので、正午を過ぎてから夕食を楽しんだりしていました。すると、高い確率で便秘になっていたのです。激務を通じて便秘になる法則性が見えてきたので、試しに毎日の食事時間を固定することにしました。

その結果、便秘で悩むまでの状態が発生しにくくなりました。そのおかげで、お腹の違和感や張りが気になりません。