異国の地「タイ」での引越しについて

南国タイランドの北部に位置するチェンマイという地域に住んでいた時の 引越し体験談を書いてみようと思います。 チェンマイはタイの北部にあり、気候も割と涼しく過ごしやすいと評判で、 仕事をリタイヤされた方達が移住したりとのんびりした街なのです。

街の中心街から少し離れたところにピン川という川があり、 その川から300mくらい離れたところに住んでいたのですが、 そのピン川という川はすぐに洪水を起こす川で有名だそうで、 私がタイにくる前には大雨で川の水が溢れ、 町中が水浸しになったことが何度かあるとのことを聞いていましたが、 そうそう起こるものではないと思っていたのですが、タイの大洪水で見事に浸水いたしました。

ピン川の水が溢れたと友人からの電話連絡があり、急いで用意していた土嚢を玄関に積みましたが、 まったく役にたたず、あっと言う間に浸水。 もう、どうにもならないので戸締まりをしてホテルに4日閉じこもり、水が引いた後に片付けをして、 引っ越すことを決意しました。

広いし気に入ってた平屋だったんですが、以前住んでいたアパートに引越ししました。 部屋が狭くなり、家具の大多数が入らなくなってしまい、泣く泣く友人に譲りました。 しかし、洪水の後の家は臭いもなかなかとれず、居心地は最悪だったので、 引越しして良かったと思ってます。また洪水なったら目もあてられないし。